注文住宅を大分で建てるなら、自社設計・施工を行うナカノスホームへ

ナカノスホーム 完全注文住宅の家づくりで、とことんお客様の理想を応援します。
TEL:0120-24-3923 line友だち追加 無料資料請求はコチラ

住宅業者を見極める6つのポイント

住宅会社は何を基準に選びますか?

10人中8人のお客様が住宅を購入する際に悩まれる大きなポイントが、どの住宅会社が私たちにあっているの?ということです。
外断熱に強い住宅会社、耐震性を売りにしている住宅会社、リノベーションを得意としている住宅会社、建てる側のニーズも多種多様ですので数多くの住宅会社が存在しています。
相性の良い住宅会社というのはもっとも重要ですが、ここだけはクリアしていないといけないというポイントがあります。
それは、「あなたにとって安心して家造りができる住宅会社であるかどうか」ということです。
ローコストで建てれる、デザインが素晴らしい、良い質の材料を使用している、文句はないんだけど、なんとなく不安を感じてしまうというのは実は気のせいではなく、その会社自体の問題かもしれません。
家は一生に一度の大きな買い物です。家造りで後悔するお客様、安心・満足するお客様。その運命の分かれ道は、実に簡単なことに
あります。
見積依頼をする前に、ぜひご一読ください。

住宅業者を見極める6つのポイント
  • あなた目線で話をしてくれますか?
  • その営業マンは契約を急かす方ではないですか?
  • 営業マンの建築に対する知識のレベルは本当に高いですか?
  • 会社の歴史やこれまでの実績は確認していますか?
  • 実際の建築現場を見られたことはありますか?
  • 営業マンやスタッフがその会社にしっかりと定着していますか?

1:検討しているハウスメーカー・工務店はあなた目線で話をしてくれますか?

展示場やハウスメーカー、地場の工務店を尋ねると営業マンや社長が対応してくれるところが多いと思います。気さくに喋ってくれる方、話をひたすら聞いてくれる方、そのタイプは様々です。ですが、ちょっとだけ普段の営業マンの立ち振る舞いや話し方に注目してみてください。
自社の工法や特徴だけを語り続けるのは「自社目線の会社」一方、自分たちのことを語る前に、「あなたは家造りで何をしたいですか?」を徹底的に聞いてくれるのがお客様目線の会社ですよね。

家造りというのは、お客様が何を要望しているのかという部分が非常に重要になります。その要望に応えれるかどうか?というのはしっかりと話してみないと分からないところですよね。もちろん要望通りにいかない場合もあると思いますが、お客様目線の会社というのは無理に自分たちのスタイルを押し付けるということはありません。
お客様目線の会社というのは、他社もしっかりと検討した上で十分に納得してから私たちを選んで欲しいと願っている会社なのです。

2:その営業マンは契約を急かす方ではないですか?

「今月末までに契約してもらえれば◯◯◯円値引きしますよ!」契約を急かしたり、細かい話は契約後に行いましょうという営業マンは、お客様より自分のこと(営業成績)が大事です。営業ノルマを課せられた営業マンは、検討の時間を設けず「今日、契約してもらえればさらに値引きしますよ!」や「ここの地域ではあなたがはじめてのお客様なので、特別に安くしますよ!」と言うことが決まり文句だったりします。
契約事というのは慎重になりすぎても問題はありません。お客様目線の会社というのはあなたの要望をしっかりとくみ取り、分かりやすい見積書をきっちりと準備します。後から揉めることがないように、双方がしっかりと納得した上で契約をしてもらうという姿勢を貫いているはずです。

3:営業マンの建築に対する知識のレベルは本当に高いですか?

「住宅ローンはどこがいい?金利はどうなってます?」「税金はどれくらいかかる?100万くらいかかるんじゃないの?」「間取りって今どういうのがいいの?これから子どもも2人くらい増える予定にしているんだけど」数多くの幅広い家造りの分野から質問を投げかけて、営業マンの知識の豊富さをチェックします。住宅ローン、間取り、デザイン・・・家に関する疑問点を聞いてもしっくりとする答えが返ってこない場合は注意が必要です。

初めての出会いからアフターフォローまでを一人ですべて担当する会社、初めての出会いから契約まで、施工から工事完了まで、アフターフォローだけを別々の人が担当する場合など会社によって仕組みはバラバラです。
どちらにもメリット・デメリットというものはありますが、「私は営業担当なので詳しいことはわかりません」と言われた場合には、「専門の人に会わせて欲しい!」としっかり意思を伝えてください。それを渋った場合は社内に専門スキルを持った方がいないケースが多いのです。

会社の大小と知識レベルというのは実は比例しないのです。地場の工務店で年に1~2棟しか施工しない工務店さんでも、じっくりと取り組めるがゆえにお客様の要望をフルに活かした家をつくるところもあります。
家造りは何度も何度も打ち合わせを重ね、理想の間取りやデザインをつくっていきます。しっかりとあなたが求める答えを提供してくれる営業マンがいるかどうかが納得の家造りの始まりの一歩になります。

4:会社の歴史やこれまでの実績は確認していますか?

ハウスメーカーや工務店を選ぶ基準の一つに、会社の歴史や信頼度というのがあります。その会社が地域でどのくらいの期間営業を行ってきたか、建築物に対して悪い評判は出ていないか、地場で長く経営をしている会社であればこそ、あなたの周りでも会社の評判は耳に入ってくるのではないかと思います。
ナカノスホームの母体はナカノス建設工業株式会社(現在は鶴崎海陸運輸株式会社が100%出資)。創立から37年間の実績を持っています。家を建てるにあたって一切妥協をせず、お客様目線で誠実に家造りをおこなってきました。 これからも地場のお客様に喜んでいただける家造りの提案を行っていきたいと考えています。

5:実際の建築現場を見られたことはありますか?

営業マンの対応やこれまでに建てられた方の声や評判以外で会社の良さを確かめる方法の一つとして、建築現場を見るという方法があります。モデルハウスや展示場での対応は良くて当たり前ですよね。
ですが現場はどうでしょうか?機会があれば突然訪問してみて、じっくりと職人さんの動きをチェックするのもひとつの手だと思います。現場の職人さんやスタッフさんはしっかりと仕事をしていますか? 資材や材料を丁寧に扱っているでしょうか? 仕事終わりにはしっかりと掃除をして帰っていますか? あなたと目があったら挨拶をしてくれますか?

6:営業マンやスタッフがその会社にしっかりと定着していますか?

展示場やモデルハウスを訪ねた際には、営業マンやスタッフがしっかりとその会社で長く勤めているかもチェックしてみましょう。

住宅業界というのは営業スタッフの出入りが激しい業界です。ノルマが厳しくて別会社に移ったり、お客様目線でないために会社に不満を持ち辞めるケースも多い業界です。担当してくれる人がすごく良くても、会社との方針が合わず、打ち合わせの途中で辞めてしまい別の担当者になってしまうというケースも少なくありません。
また家をつくった後にも、担当者がしっかりとフォローしてくれるかどうかも重要なポイントになります。

これまでの施工実績やお客様の声、展示場での受付の方の対応をみれば、その会社の社風や雰囲気がわかってくると思います。その雰囲気を見て、「この会社いいよな~」と思った場合は営業マンやスタッフとあなたの波長が合うはずです。

住宅会社の選び方についていろいろとお話させていただきましたが、声を大きくして、一番に伝えたいのは、高額な家を建てるのに、金額を気にすることはもちろん大切ですが、金額ばかりを気にするのは間違いです。なぜなら、お家を建てることを検討されているお客様の要望は「限られた予算で良い家を」であって、「安ければなんでもよい」では決して無いはずだからです。仮に当社の見積りが一番安くても、他社様にもっと信頼を感じるのであれば、その会社にご依頼される事が、これからお家づくりをお考えのあなた様にとって価値のあるお金の使い方であると思います。
内容がよくわからないことをその道のプロに任せるわけですから、価格を云々する以前に「信頼できる建築会社かどうか」を最優先にお考えになることをお勧めいたします。
当社にできる事は、ご相談されたお客様が「これなら安心できる!」と思ってもらうことであり、「技術」、「マナー」を兼ね備えた人材が誠心誠意、対応させていただくことです。地元大分の建築会社として、「信頼を頂く事」をご契約よりも優先に考えた結論です。

ページトップへ

もっと知りたい方へ

お電話でのご相談、資料のご請求について

line友だち追加 資料請求
お電話でのご相談、資料のご請求もお気軽にどうぞ!
0120-24-3923
〈受付時間〉9:30〜18:00(定休日:水曜日)
お問い合わせはこちら